本文へ移動

現場レポート

なかなか実際に見ることのできない施工現場をレポート致します!

奈良県内 N様邸 上棟しました

2020-08-06
カテゴリ:建築現場より
建て方
木造平屋住宅の建て方(たてかた)の様子です。
 
建て方とは現場で主要な構造材を組み立てること。
柱とテクノビーム
猛烈な暑さが続くので、暑さ対策に大型送風機、水分補給系、熱中症対策キットなどを事前に準備し、安全に最大限配慮しながら作業を進めていきました。
 
柱とテクノビームが整然と並んだ躯体が現れ、全体像がイメージしやすくなってきましたよ!
Panasonic 木と鉄の梁テクノビーム
Panasonic 木と鉄の梁テクノビーム
従来の木造より強度が強いのに素早く構造体を組み立てられるポイントは、
 
1(星)現場で加工していくのではなく、現場に合わせた加工精度の高いプレカットの部材を納入
 
2(星)木と鉄の梁テクノビームに施されたほぞ金具
一般的な木と木をつなぐ「ほぞ加工」
一般的な木と木をつなぐ「ほぞ加工」は施工者により強度に差が
テクノストラクチャー工法は「ほぞ金具」やドリフトピンで接合
テクノストラクチャー工法は「ほぞ金具」やドリフトピンで強力に接合
一本一本に品質の証が
集成材を採用している理由は、自然材である無垢材に比べ、強度性能が明確だからです。
 
構造材一本一本の強度・品質が均質で明確であることは大変重要ですからね。
 
以上、現場レポートでした!
柱や梁など建物の基本構造が完成
最上部で屋根を支える野地板や棟木も
ヒロタテクノホーム
ヒロタ建設 株式会社
〒 634-0821
奈良県橿原市西池尻町352番地の1
TEL.0744-27-3484
FAX.0744-28-2855

 
テクノストラクチャー     
◇許可番号 奈良県知事 許可(特-29)第15371
◇建設業の種類 建築工事業(特定)、土木工事業(特定)
◇宅地建物取引業 奈良県知事(8)第2224号
◇一級建築士事務所 奈良県知事2016(へ)1239号
TOPへ戻る