本文へ移動

現場レポート

なかなか実際に見ることのできない施工現場をレポート致します!

RSS(別ウィンドウで開きます) 

桜井市 Y様邸 ついに、足場とさようなら

2020-07-02
カテゴリ:建築現場より
外観お目見え
Y様邸の足場がついに取れました。
 
楽しみにしていた外観がお目見えです!
これまで、足場さん及びメッシュシートさんには大変お世話になりました。
 
1(星)作業場所を確保し作業を安定させる
2(星)作業者、材料、道具などの落下防止
3(星)工事中に発生する粉塵や塗料などの、周囲への飛散防止
 
と、重要な役割があり、工事の安全性と施工品質を高めることに大いに貢献してくれました。
これまでありがとう!
 
引き続き、安全に工事を進めて参りますきらきら
 
ベールならぬシートに包まれたまま
外観が明らかに!

奈良県内 N様邸 地鎮祭

2020-06-15
カテゴリ:建築現場より
地鎮祭
地鎮祭
先日、奈良県内にてN様邸の地鎮祭でした。
地鎮祭は屋外で行われるとはいえ、新型コロナウィルス感染拡大防止に配慮しつつ執り行われました。
N様、この度はおめでとうございます。
尾頭付きの鯛(=おめでたい)などお供え物は神主様や施工会社がご用意することが増えてきていますが、
自らご用意いただきありがとうございました。
より一層、安全に配慮し工事を進めてまいりますのでよろしくお願い申し上げます。
 
 

高市郡 Y様邸 黄昏時

2020-05-16
カテゴリ:建築現場より
高市郡 Y様邸 黄昏時
黄昏時
黄昏時のY様邸。
 
和瓦を使用した切妻屋根(きりづまやね:本を開いて伏せたような屋根の形)が美しい田園風景になじみます。

高市郡 Y様邸 施主検査

2020-05-15
カテゴリ:建築現場より
高市郡 Y様邸 施主検査
Y様邸
先日は高市郡Y様邸の施主検査でした。
和のテイストがお好きなY様らしい、自然素材を適度に取り入れた和風モダンなお家です。
 
2階の窓と窓の間に杉板張りのアクセントがあり、玄関は引き戸で無垢桧のポーチ柱が出迎えてくれます。
 
腰板(こしいた:下から80センチくらいまでの壁の部分)には焼杉張りを採用。
焼杉とは杉板を焼いて表面を炭化させた板のことで、日本の伝統的な外装材です。
炭化により腐食や虫食いに強く耐久性が高いと言われています。
深みのある黒い炭色と独特の質感が素敵です。
 
次回は黄昏時の外観をご紹介します♪
杉板張りのアクセント
無垢桧のポーチ柱
焼杉の腰板張り

奈良県内 N様邸 擁壁築造中

2020-04-24
カテゴリ:建築現場より
奈良県内 N様邸 擁壁築造中
擁壁築造
N様邸の擁壁築造現場の様子です。
 
まず、擁壁とは、高低差のある土地で、崖となる部分の側面の土が崩壊するのを防ぐため設置される壁状の構造物です。
この土地には元々古い擁壁があったのですが、家を新築するにあたり取り壊して新たに築造します。
 
ヒロタテクノホーム
ヒロタ建設 株式会社
〒 634-0821
奈良県橿原市西池尻町352番地の1
TEL.0744-27-3484
FAX.0744-28-2855

 
TOPへ戻る