本文へ移動

現場レポート

なかなか実際に見ることのできない施工現場をレポート致します!

<第2期オープンハウス>基礎配筋完了

2021-10-22
カテゴリ:建築現場より
本日は先日完了した基礎配筋をレポートします。

まず、配筋とは鉄筋を配置したり組み立てたりすることをいいます。

テクノストラクチャー工法ではパナソニックが構造計算を行い、鉄筋の量や組み方などを図面化します。

鉄筋のピッチ(間隔)は狭ければ良いものではなく、また鉄筋の量も多ければ良いというものではありません。

画像を見ていただくとわかりやすいと思うのですが、均一に配筋するだけではなく、荷重がかかる部分は鉄筋の口径が太かったりピッチが等間隔ではなかったりします。
基礎は見えなくなりますが、建物を長期に渡って水平に保ち地震のときには横向きの力に対して強さを発揮する大変重要な役割を担っています。

第三者機関による基礎配筋検査も合格し、このあとはコンクリート打設です。
ヒロタテクノホーム
ヒロタ建設 株式会社
〒 634-0821
奈良県橿原市西池尻町352番地の1
TEL.0744-27-3484
FAX.0744-28-2855

 
TOPへ戻る