本文へ移動

非住宅/土地活用

テクノストラクチャーの大規模建築
パナソニックのテクノストラクチャー工法と言えば「地震に強い家」。しかし福祉施設などの非住宅や賃貸住宅にも採用されているんです。
 
これまでは鉄筋コンクリート造や鉄骨造が主流だった中大規模建築物も、コスト面や環境への配慮から木造が注目されています。
 
テクノストラクチャー工法は、木と鉄の複合梁テクノビームによる高い強度で、従来の木造建築物の課題を克服し、鉄骨造に引けをとらない強度と機能性を実現しました。
 
建設コストを抑え節税効果が期待できるなどの木造の魅力も併せ持ち、大規模建築の新しい選択肢として、提案の幅を広げる工法です。

テクノストラクチャー工法のメリット

最大スパン10mの大空間を実現

強い梁テクノビームが階上の重みを支えるため、梁の下に柱や壁が少ないのが特徴です。
 
施設などで階上に居室があり2階の柱から梁に荷重がかかる場合も、テクノビームが荷重を支えるため、1階に大空間を設けることが可能です。
 
また、大規模建築物のため開発されたグランドテクノビームを採用することで上階に居室がある場合は最大8m、ない場合は最大10mスパンの大空間を実現することが可能です。

4メートル柱で高い天井を実現

平屋の場合、柱長さは最大4mまで可能。
 
梁に直径135mm(グランドテクノビームの場合は215mm)の穴をあけて配管を通すことが可能ですので、配管を通すスペースを梁の下に別途設ける必要がなく、より高い天井高を実現できます。
 
構造計算で安全性の確認をした上で、梁貫通穴を開けるため、建物の強度も確保できます。

経年劣化が少なく、メンテナンスのコストや手間を軽減

テクノストラクチャーは縦の方向に優れた強度を発揮する木材を「柱」として使用し、木の弱点を鉄の強さで補強したオリジナル部材テクノビームを「梁」として使用。

通常の木の梁と比べると「たわみ」が少ないので、長い年月が経過した後も、梁の「たわみ」から発生するドアや引き戸の開閉障害、2階の床鳴りなどを抑えメンテナンスの手間が軽減。
 
さらに地震などの一時的にかかる大きな力に強いのも安心のポイントです。
「たわみ」が少ないテクノビーム

耐久性の高い木造で節税効果

木造は一般的に鉄骨造などより工期が短く、建物が軽いため基礎にかかるコストが安くなります。
 
減価償却期間が22年と鉄骨造より12年も短いため、長期的な事業リスクを軽減でき、加えて節税効果が期待できます。
耐久性の高い木造で節税効果

福祉施設

柱を極力減らし、広々とした空間
グループホームやサービス付き高齢者向け住宅など、高齢者増加に伴い福祉施設は需要拡大が見込まれています。
 
一般的な木造だと柱や壁が多くあるため、設備や家具の配置に制約が出てしまう可能性があります。また、死角ができると運営上のリスクにもなります。

テクノストラクチャー工法なら、作業室や食堂など福祉施設の運営で求められる通路の幅を確保しつつ、柱による死角を減らした大空間が実現可能。
柱や壁が多く、死角も
設備の配置に制約のない大空間

賃貸住宅

テクノストラクチャー工法は、一戸建て感覚で暮らせるメゾネットタイプや比較的大規模のアパートなど様々な敷地面積に対応が可能です。
 
例えば共用の廊下を設けた片廊下プランでは、住戸を連続して並べるため、住戸数を調整することで効率の良い敷地活用を実現。
 
また、太陽光発電システムも搭載可能です。
 資料請求・お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0120-71-7279
受付時間/10:00~18:00   土・日・祝日も受け付けております
ヒロタテクノホーム
ヒロタ建設 株式会社
〒 634-0821
奈良県橿原市西池尻町352番地の1
TEL.0744-27-3484
FAX.0744-28-2855

 
テクノストラクチャー     
◇許可番号 奈良県知事 許可(特-29)第15371
◇建設業の種類 建築工事業(特定)、土木工事業(特定)
◇宅地建物取引業 奈良県知事(8)第2224号
◇一級建築士事務所 奈良県知事2016(へ)1239号
TOPへ戻る